石垣島


   

東京八重山郷友連合会 会則

第 1条 (名 称)
  1. 本会は、東京八重山郷友連合会と称する。
  2. 本会の事務所は会長宅におく。
     
第 2条 (会 員)
  本会は、次の会員をもって構成する。
    (1) 本土に在住する八重山の各単位郷友会、字会。
    (2) 八重山出身者とその縁故者及び会員が推薦した八重山ファン。
     
第 3条 (目 的)
  本会は、会員相互の親睦と共栄を図ると共に郷土八重山の発展に寄与することを目的とする。
     
第 4条 (事 業)
  本会は、前項の目的を達成するために次の事業を行う。
    (1) 会員相互の親睦と共栄に関すること。
    (2) 郷土の文化産業振興並びに発展に必要なこと。
    (3) その他本会の目的達成のために必要と認める事業。
     
第 5条 (代議員会の地位および構成)
  1. 代議員会は、本会の最高議決機関とする。
  2. 代議員会は、次の会員により構成する。
    (1) 八重山の各単位郷友会及び字会のそれぞれの会で選任された会長を含む団体3名以内の代表者。
    (2) 第7条で定める役員。
     
第 6条 (代議員会の開催、役割、及び議決)
  1. 代議員会は、当会の会長が招集し、毎年1回開催する。但し、会長が必要と認めたときは、臨時代議員会を招集することができる。
  2. 代議員会は、本会の議事を審議し議決する。
    (1) 役員(幹事を除く)の選任。
    (2) 会務報告、会計報告及び会計監査報告の審議。
    (3) 会則の改定。
    (4) その他本会の目的達成に必要な事項。
  3. 代議員会は、出席代議員の過半数により決する。賛否同数の場合は、議長の決するところによる。
     
第 7条(役  員)
  本会に次の役員をおく。
    (1) 会長 1名。 代議員会において、会員の中から選任する。
    会長は、本会を代表し、会務を統括する。
    (2) 副会長 若干名。 副会長は、八重山の各単位郷友会及び字会が選任した1団体1名の代表者が就任する。
    副会長は、会長を補佐する。
    (3) 理事 若干名。 代議員会において会員の中から選任する。
    理事は、役員会に出席し、役員会の審議時効に参画する。
    (4) 幹事長 1名。 代議員会において、会員の中から選任する。
    幹事長は、会長及び副会長を補佐し、会長の指示を受け、会務の処理にあたる。
    (5) 副幹事長 若干名。 代議員会において、会員の中から選任する。
    副幹事長は、幹事長を補佐し、会務の処理にあたる。
    (6) 会計監査 2名。 代議員会において、会員の中から選任する。
    会計監査は、必要に応じて適時に、会計監査を行い、これを代議員会に報告する。
    (7) 幹事 若干名。 会長が幹事を委託する。
    幹事は、役員会に出席し、役員会の審議時効に参画する。
    (8) 会計 2名。 代議員会において、会員の中から選任する。
    会計は、本会の会計業務を行う。
     
第 8条(任  期)
  (1) 役員の任期は、2年とする。但し、再任を妨げない。
  (2) 役員は任期満了後も後任者が選任されるまで、原則として引き続きのの任務に当る。
  (3) 会長を除く役員に欠員が生じた場合は、役員会において、補充することができる。 その任期は、前任者の残任期間とする。
  (4) 補充した役員(幹事を除く)は、直後の代議員会で承認を受けなければならない。
     
第 9条(会長事故ある場合の後任人事)
  (1) 会長事故あるときは、副会長が代議員会を招集して、後任会長を速やかに選出・決定する。
  (2) 前項の場合において、代議員会を招集するまでの間は、役員会において会長を選任する。
  (3) 事故ある会長の在任期間の長短にかかわらず、後任会長の任期はその直後代議員会までとする。但し、再任を妨げない。
     
第10条(役員会)
  (1) 役員会は、第7条に定める役員より組織し、本会の執行機関とする。
  (2) 役員会は、次のことを行う。
    ① 予算・決算に関すること。
    ② 年間及び必要な行事計画の策定及び実務執行上の役割分担に関すること。
    ③ 財務に関すること。
    ④ 相談役の推薦。
    ⑤ その他必要と認めること。
  (3) 緊急な案件については、役員会において決議し、その決議をもって代議員会の決議に代えることができる。
    但し、速やかにのの結果を代議員会に報告し、承認をえなければならない。
     
第11条(相談役)
  (1) 本会に若干名の相談役をおく。
  (2) 相談役は、役員会が推薦し、代議員会において選任する。
  (3) 相談役は、代議員会及び役員会から特に付託された重要な会務・案件について審議し、助言をおこなう。
     
第12条(専門部会等)
  (1) 本会は、会運営の強化及び円滑化を図るために、役員会が必要と認めたときは、専門部会又は小委員会は別に定めたところによる。
  (2) 専門部会又は小委員会は別に定めたところによる。
     
第13条(東京八重山郷友連合会の親睦会-「東京八重山まつり」)
  (1) 第2条に定める会員によって東京八重山郷友連合会の親睦会「東京八重山まつり」を毎年1回開催する。
  (2) 前項が開催される際、出席会員に会報を配布する。
     
第14条(会費)
  (1) 会費は別に定める会費を納入するものとする。
  (2) 会費の徴収方法は、役員会で定める。
     
第15条(運営費)
  本会の運営に必要な経費は、次の収入をもってこれに充てる。
    (1) 会費。
    (2) 寄付金。
    (3) その他の収入。
     
第16条(会計年度)
  本会の会計年度は、当年1月1日から当年12月31日までとする。
     
第17条(帳簿書類)
  本会に次の帳簿書類を供えておく。
    (1) 会則。
    (2) 会員並びに役員、相談役名簿。
    (3) 会報(年1回発行)及び会務、会議録。
    (4) 会計帳簿。
    (5) その他。
     
第18条(細則)
  本会の運営を向上・円滑にするため、役員会が必要と認めたときは、細則を定めることができる。
     
第19条(会則の改正)
  (1) 会則の改正は、代議員会において、出席代議員の過半数により決する。
  (2) 会則に定めてない事項については、適切な慣例、良識ある協議により議事録を残し、運営する。
     
付則
  (1) 平成12年4月23日 初回施行。
  (1) 平成17年8月 7日 第1回改正施行。
  (3) 平成20年8月 3日 第2回改正施行。
 
top

八重山毎日新聞 通信員

JTEFトラ・ゾウ保護基金